Seadoo image

まさに、SOLIDWORKS およびその他の CAD データのための『カメラ』

SOLIDWORKS Visualize (旧 Bunkspeed) が SOLIDWORKS Professional と Premium に追加され、質の高いマーケティング用画像を素早く作成できるようになりました。これにより業務プロセスがさらに改善されるため、わずか 5つのステップで、楽しみながら CADデータ を「写真」に変えることができます。

  • すぐに使用できる材料や環境、背景の美しい画像を、直感的なドラッグ&ドロップ操作でシーンに追加
  • 設計案を素早く具現化し、コンセプトを消費者に届けるまでのプロセスを圧縮
  • まるでカメラのように、SOLIDWORKS データから感動的な画像を作成
  • 高精度のグラフィックにより、ごく短時間で設計の細部を正確に視覚化
  • 効果的な画像作成によりコミュニケーションとコラボレーションを促進し、改革を推し進めることで、的確な設計判断とより良いビジネスソリューションの開発を実現

日本語データシートはこちらから>>

設計案の性能を検証

SOLIDWORKS 2016 のシミュレーション ツールを活用して、設計案の性能を詳細に把握し、自在に検討することができます。応力の変化を正確に反映する詳細なメッシュ情報を確認することができるため、そこから得られる性能に関するデータの信頼性が向上します。

  • 動作のシーケンスや部品の動き、メッシュ特性に対するコントロールの改善により、詳細な設計検討が可能
  • 動作している間の荷重を正確に算出し、余分な応力の発生を解消
  • メッシュの断面表示から内部のメッシュ構造を簡単に確認することができ、あらゆる箇所のメッシュ密度を目的通りに設定可能
  • 動作に必要な力を正しく見極め、機能要件の充足を徹底

日本語データシートはこちらから>>

すべてを展開

多くの業界では、その製造段階において、複雑な形状の展開パターンが必要とされます。今回の機能強化では、あらゆるサーフェスを展開し、展開形状の作成・検証から当て推量の作業を排除できるようになりました。

  • 非常に複雑な形状も簡単・迅速に展開
  • さらに 3Dカーブを持つ形状も展開し、内部フィーチャーをより正確に定義
  • 3D サーフェスへと成形し直す際に発生する応力を簡単に確認
  • 展開パターンにリリーフ カットを適用し、過剰な引張/圧縮を軽減

日本語データシートはこちらから>>

設計プロセスのスピードアップ

SOLIDWORKS は設計プロセスをスピードアップする便利な機能を備えているため、ユーザーは設計に集中し、最小限の時間と労力で目的のカタチを得ることができます。

  • 断面が円形のスイープを、プロファイルを選択するだけで自動的に作成し、双方向のスイープも可能
  • SOLIDWORKS の曲率保持のエッジフィレット機能は、非対称を含むあらゆるタイプおよびサイズのフィレットに対応し、複雑なブレンドや限りなくスムーズなフィレットをわずか数秒で作成可能
  • 新しいねじ山ウィザードでは、簡単なコマンド 1 つで規格どおりの、あるいは独自のねじを素早く正確にモデリング

日本語データシートはこちらから>>

生産性を向上

改良されたユーザーインターフェースやワークフローを活用して、(設計ツールではなく) 設計そのものに集中し、生産性を高めることができます。外観と操作性はすべての SOLIDWORKS アプリケーションで統一されており、ツール間の切り替えも簡単です。

  • 新しい選択階層リンクは、フィーチャーツリーを非表示にしたままで、モデルに素早くアクセス可能
  • すべての選択要素に素早くアクセスでき、変更も簡単
  • カーソル付近に配置された選択階層リンクによって、マウスの移動も低減
  • 確認用のツールバーもカーソル付近に表示
  • 合致選択もシンプルになり、指定されたボディを透明化でき、重なり合ったボディも簡単に選択可能

日本語データシートはこちらから>>

アセンブリ モーションのアニメーション表示

新しい合致コントローラを活用することで、可動部品を含むアセンブリの操作がよりシンプルになり、自由度が高く多様な可動域を持つアセンブリも簡単に扱うことができます。ゲームのコントローラのように直感的なこの合致コントローラを活用すれば、アセンブリの複雑な動作を簡単に作成し、アニメーション化できます。

  • さまざまな構成部品の配置を正確にコントロール
  • 必要に応じていくつも位置を作成し、メカニズムのシミュレーションに活用
  • 合致を一時的に解除し、グラフィックス領域で直接構成部品を配置
  • 位置から位置への移動を計算で補い、複雑な動作を簡単に計算

日本語データシートはこちらから>>

製造部門とのコミュニケーション

サプライヤとの共同作業を効率化することは、各製造業者の重要な目標のひとつです。SOLIDWORKS MBD の新機能は、製造工程に正確な設計情報を素早く伝達するのに役立ちます。

  • 選択したエッジを水平または垂直に自動調整し、素早く寸法を作成
  • アセンブリに詳細なアノテーションを追加
  • 公差域の位置と方向を素早く確認
  • デカル、テクスチャ、SOLIDWORKSのBOMテーブルの再利用機能を活用することで、3D PDF の品質を改良
  • 複数のシートを含む PDFも作成できるため、製造業者およびサプライヤ向けの情報を分類可能

日本語データシートはこちらから>>

video

設計の伝達

後工程へわかりやすい情報を伝えることは、ものづくりにおいて極めて重要です。eDrawings® は、製品開発プロセス全体を通じて、コラボレーションとコミュニケーションを改善します。

  • eDrawings は自動的に元のドキュメントと同じ単位系を使用し、寸法の一貫性を確保
  • 複数の表示タブでドキュメントを簡単に切り替えることが可能
  • SOLIDWORKS Model Based Definition (MBD) で作成した製造情報や 3Dビューのすべてをサポート
  • 分解状態がアニメーション表示され、分解したり元に戻す操作も自由自在
  • 構成部品パネルに構成部品の注記が表示され、アセンブリ構造に対する理解が簡単
  • 簡単な操作で、モデルをより正確に確認することができます。『拡大表示』 - マウス ポインタが軸となって回転します。 『縮小表示』 - 画面の中心ではなくモデルの中心が軸となって回転

日本語データシートはこちらから>>